あなたの看護への“想い”を、ともに考える

全国高齢者施設看護師会 事務局 〒541-0044 大阪市中央区伏見町4-4-9 オーエックス淀屋橋ビル3階

ゆとりある「食事」「排泄」「入浴」ケアと業務改善の進め方                   ~限られた人員・時間・設備の中で利用者本位のケアの実践~

トップ > 今までの活動 > ゆとりある「食事」「排泄」「入浴」ケアと業務改善の進め方                   ~限られた人員・時間・設備の中で利用者本位のケアの実践~

ゆとりある「食事」「排泄」「入浴」ケアと業務改善の進め方                   ~限られた人員・時間・設備の中で利用者本位のケアの実践~

小野寺道子氏  せんだんの杜 生活支援事業部長

特養・老健・医療施設ユニットケア研究会『ユニットケアの実践のしかた』,老施協『地域と共に暮らすせんだんの杜の取り組み』 全社協『魅力ある職場作りをどう進めるか』,ユニチャームメンリッケ主催『個別ケアとは』,宮城・山形・岩手県主催『実践 者研修』など全国で講義多数。また、『介護施設で看取るということ(三一書房)』『逆デイサービスのはじめ方(地域生活サ ポート研究所)』など執筆多数。現在も介護現場に直接入り教育指導を行っている。

◆高齢者施設の日常ケアにおいて「業務中心の流れ作業を利用者中心のケアに改善したいが…、仕方がないと毎年繰り返している」「何から始めたら良いか分からない」という声をよくお聞きします。そこで『今』現場で実践している講師の手順・ノウハウをすべて習得していただきます。